• ホーム
  • キーワード選定で競合サイトに差をつけよう

キーワード選定で競合サイトに差をつけよう

アクセス数が多いブログを作るためには、検索ワードを意識することが欠かせません。
そこで注目すべきツールの1つに、キーワードプランナーがあげられます。
キーワードプランナーを利用することで、検索される予想キーワードや予想検索数などのデータが取得できます。

実際に検索されるキーワードというのは、サイトの種類によって異なります。
また複合キーワードや関連キーワードというのに、さまざまな単語で検索される可能性があります。
これらの複合キーワードや関連キーワードまで、すべて個人で調べるのは大変です。
そこでキーワードプランナーを用いて、検索予想となるサジェストなどを把握できるようにしましょう。

サジェストは予測変換を意味する言葉です。
予測変換に合わせたサイトつくりを行うことで、検索結果に表示されやすい環境を作れます。
また検索の上位に表示されるためには、検索ボリュームも大切ということを忘れてはいけません。
検索ボリュームを大きくすることで、キーワード選定で検索される可能性が高まります。
多くのアクセス数を獲得するためには、検索ボリュームが欠かせない要素なのです。

さらにキーワード選定で競合サイトと差をつけるためには、難易度を考えることも必要です。
キーワード難易度が高すぎると、検索されにくく競合サイトに負けてしまいます。
本格的なSEO対策を検討しているなら、事前に難易度の確認が必要です。

手軽にできる工夫として、見出しの問題があげられます。
見出しがわかりにくいものの場合、ページにアクセスしてもらえてもすぐにページを離脱する可能性が高くなります。
興味を持ってもらえてわかりやすい見出し作りが、訪問者を獲得するためのコツの1つです。

ブログを作っていくうえでは、大きな見出しをh1と表現することを把握しておきましょう。
h1とは本でいうところのタイトルです。
タイトルに興味が出ないと、中を見てすらもらえません。

そしてh1の次に大切なポイントとして、h2があげられます。
本のタイトルがh1だとすると、h2は目次部分にあたります。
タイトルで興味を持っても、目次を見て自分に合わないと思ったらその本を読まないという方も多くいます。
そのためh1とh2の両方で興味を持ってもらうことが、読者を獲得するためのコツです。
キーワード選定と言われても、最初はどのようにアプローチしたらいいか迷ってしまう方も多くいます。
キーワードプランナーを活用しながら、どのようなキーワードが求められているのか把握していきましょう。

関連記事