• ホーム
  • サイト改善に欠かせないGoogleアナリティクス

サイト改善に欠かせないGoogleアナリティクス

サイト改善を検討していくためには、Googleアナリティクスを活用することも必要です。
ここで気になるのが、Googleアナリティクスにはどのような機能が存在しているのかという点です。
まず注目すべきポイントの1つに、読まれているページをチェックできるという点があげられます。
読まれているページすなわちランディングページを把握することで、ユーザーが興味を持っているものを把握できます。

例えばランディングページのアクセス解析をGoogleアナリティクスを通して行うことで、検索されて見てもらえている数が多いページがわかります。
アクセス数の多いページを把握して、より良いサイト作成を目指しましょう。

またGoogleアナリティクスでは、行動フローが把握できるというメリットもあげられます。
行動フローをチェックすることで、離脱ページも含めた情報収集が可能です。
見てもらえるページと離脱ページを考慮することで、サイト改善が可能です。

離脱ページをチェックする場合には、直帰率を把握することも大切です。
直帰率は、サイト訪問者のうち1ページしか見ないで別のサイトに行った方の割合です。
もしも直帰率が高い場合、自分のサイトに興味を持ってもらえていないということかもしれません。

ほかにもGoogleアナリティクスでは、チャネルのアクセス解析も可能です。
チャネルのアクセス解析を行うことで、検索エンジンからの訪問者なのか、SNSからサイトを見てくれたのかなどの経路がわかります。
さらにメモ機能もあるので、結果を共有するなどの方法でアクセス解析の結果を活かしていきましょう。
メモ機能などを上手に活用することが、サイト改善のためのコツです。

アクセス解析というのは、データを見て満足するものではありません。
大切なのは、PDCAサイクルを考えて行動するということです。
ランディングページなどのデータを見て終わりにするのではなく、そこから次のステップに進むためには何が必要になるのか考えていきます。
自分に必要なものを考えていくことで、サイトの訪問者を増やしていけます。

PDCAサイクルについて考えても、何が問題なのかわからないという方もいるかもしれません。
そのような場合には、アクセス解析をどのように判断したらいいのかデータを集めるようにしましょう。
情報の判断の仕方を把握することで、より良い形で解析結果を活かすことにつながります。

関連記事