• ホーム
  • 記事タイトルに注目して被リンクを得よう

記事タイトルに注目して被リンクを得よう

パソコンと男性

ブログは記事を増やしていくだけで、成功できるとは限りません。
実際にブログで収入を得るためには、被リンクが増えるとサイトのパフォーマンスが向上という点に注目することが大切です。
例えば被リンクを増やすためのポイントの1つが、シェアしたくなるタイトルです。
多くの方にとって興味深いタイトルをつけることで、SNSなどでシェアしてもらって注目度をあげることにつながります。

例えばはてなブログでは、さまざまな方が同じような内容で記事を書いています。
では、はてなブログの記事の中から人々は何を基準に読むものを決めていくのでしょうか。
その基準の1つが記事タイトルです。
興味をもった記事タイトルだった場合、コンテンツを見てもらいやすいのです。
そしてタイトルだけではなく、内容にも興味を持ってもらえたらSNSなどでシェアしてもらえます。
シェアが広げて、バズるという結果につなげていきましょう。

人々に見てもらえるブログを作るために大切な点の1つが、クエリです。
クエリとは、簡単に言ってしまうと検索エンジンで調べ物をするときに入力するキーワードです。
キーワードを入力した検索結果で、自分のブログが上位に表示された場合はサイトを訪れてもらいやすくなります。

検索結果の上位に表示されるためには、関連性のあるキーワードをタイトルや記事に盛り込むことが大切です。
関連性の高い単語を上手に盛り込むことで、他のブログとの差別化が可能です。
良い意味で差別化ができると、独自路線で注目度の高いブログを作ることにつながります。

実際に興味を持たれやすいコンテンツを作るためには、どのような形でタイトルを作成したらいいのでしょうか。
そのポイントの1つが、記事タイトルの文字数は30文字以内を目安にすることです。
30文字以上の長いタイトルだと、記事の内容の前に挫折される可能性があります。
また伝えたい内容を前方に盛り込むのもポイントの1つです。
前方に伝えたい内容が書かれていると、何について書かれているのか一目でわかりやすくなります。

ほかと差別化を狙う記事タイトルの書き方の例には、数字を使うなどの方法もあげられます。
数字を使うことで、説得力が生まれるので興味を持ってもらいやすいのです。
人々に興味を持ってもらいやすい記事タイトルの条件を把握して、まずは見てもらえるブログを目指しましょう。
内容がよくてもタイトルがイマイチだと記事を読んですらもらえない可能性が高いので注意が必要です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧